読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Keii-Komura’s diary

思った事感じた事を書いていこうと思います。

それでも善だ!

で、お馴染みのアレルヤさん。いやーいいキャラクターでした。思えばガンダムマイスター達ってどの人物を主人公にしても中々のストーリーを展開可能ですよね。

 

偽善でも善だっていう価値観をくれた彼に感謝してます。誰かの為に何かをするのって結局自分の為じゃないのか?偽りでも善の部分があるならいいんじゃないのか?そう思うんですけど、世の中それを許さない人達もいるんですよね。

 

優しさで溢れかえって調和のとれている世界を皆さんはご所望でしょうか。

 

そんな世界をお望みなら是非ハーモニーを読んで欲しいです。

 

偽善でも世界中の貧しい国々に支援が出来ます。偽善でも本当に困ってた人にとっては見て見ぬ振りをしている人達より素晴らしい人です。

 

悪ではないならいいのではないか、そう思うのです

分かり合うことが出来ないという事しか分かり合うことが出来ない

どんなに話し合っても向き合っても人間は分かり合うことが出来ないと合う事だけしか本当の意味でわかり合う事は出来ない。

 

エゴとか、文化とか、境遇とか様々な物が絡まり合ってるこの世界でそれがただ一つの真実だと今でも思っています。

 

その限界点とも言えるボーダーラインを超える為に何が出来るのかと考えながら小説を考えます。

脳の容量

短期間で色々詰め込む機会が多くなって来た事が原因なのか色々いっぱいいっぱいになっている気がする日々。

 

アウトプットしよう、アウトプット。

結局の所

ぼくが学生時代に触れてきたアニメがまた新展開を迎えました。

 

思えば最近多いですね。

 

この流れでギルティクラウンが来てくれることを願います笑

 

ギルティクラウンの後半が無限のリヴァイアス的な展開を見せてくれた時は歓喜しましたよ本当に。

 

ライトノベルのアニメ化、漫画のアニメ化も悪くないです。面白いものは面白いと素直に受け入れます。けど、アニメがオリジナルの作品がぼくは好きです

最近の出来事

レインボーシックスオーバーウォッチの往復。

 

いい息抜きですな

タガタメ

はじめに、某アプリゲームの話ではありません。

 

世代ではないんですが何故だか知ってる曲です。

 

Mr.Childrenのタガタメ。被害者加害者になる子供達と絶えぬ戦争。右翼左翼。日本にいると想像しにくい世界の常識と現実を突きつけ、そして自分はどうするべきかを考えさせられる名曲です。

 

2番の歌詞で、明日もし晴れたら広い公園へ行こう〜何も考えないでいこう、と続くんですがこの後の歌詞がタタカッテタタカッテになるんですよね。

 

結局この歌の何も考えないで公園に行こうとした人はまた戦争や理不尽な死に対して目を背ける事が出来ず考えてしまう訳です。

 

違うかも知れないですけど、聴いてるとそんな風に思えて来てしまうんですよねぇ。

 

子供達を被害者にも加害者にもしない為にぼくができる事は相変わらず性懲りも無く愛す事以外にないとするならば、小説の中で戦争やタガタメに対してのぼくなりの答えを提示しなければなと、強く思うのです。